FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Billy Bauer

Billy Bauer
Billy BauerBilly Bauer

Plectrist
NORGRAN/MGN-1082/USA/1956


Billy Bauer(g) Andrew Ackers(p) Milt Hinton(b)
Osie Johnson(dr)


Side1
It's A Blue World
Maybe I Love You Too Much
Lincoln Tunnel
Night Cruise
Too Marvelous For Words

Side2
Lady Estelle's Dream
You'd Be So Nice To Come Home To
When It's Sleepy Time Down South
The Way You Look Tonight
Lullaby Of The Leaves
Blue Mist

1915年ニューヨーク生まれ、所謂トリスターノ派に属するギタリストBilly Bauerの数少ないリーダーアルバム。
もう1枚は随分前に取り上げたミュージック・マイナス・ワンの『Let's Have A Session』(Ad-Lib)の事で、あちらはBauerのクレジットが先頭に来ているので便宜上リーダーとしたが、厳密な意味でのリーダー作として捉えるにはやや抵抗がある。
従って、本作を唯一のリーダーアルバムとした方が無理がないような気がする。

このアルバムの魅力を一言で伝えるならば「いぶし銀」。
「いぶし銀」とは「見た目の華やかさはないが実力や魅力があるもの」という意味。
それは正にこのアルバム、このメンバーを形容するに相応しい言葉。
「隠れ名盤」とも言える1枚だろう。

スポンサーサイト
2016/03/30(水) 21:05:08 guitar トラックバック:0 コメント:0
<<Chris Ibanez | ホーム | The Jazz Exponents>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/610-9fdac551