FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Paul De Margerie

paul de margerie
paul de margeriepaul de margerie

Calender Date
SELECT/SP-12.035/Canada/1959


Paul De Margerie(p) Nick Ayoub(ts) Marcel Levesque(tp)
Tony Romandini(g) Yvan Landry(vib) Roland Desjardins(b)
Guy Lachapelle(dr)


Side1
Septet
Be My Love
Rose Of Picardy
La Madone
Too Much Tequila
Fantaisie Impromptue

Side2
Tintarella Di Luna
Du Côté De La Lune
Continental
La Goualante Du Pauvre Jean
Frasquita
Noir Et Blanc

リーダー兼ピアニストのPaul De Margerieの事は知らなかったが、ここでも取り上げた事のあるNick AyoubとYvan Landryの名を目にして手にした1枚。
残念ながら(?)純粋なジャズアルバムではない。
「Be My Love」と「Frasquita」を除いては、曲ごとにチャチャやマンボ、ビギンやサンバ、ロック、バラードまで多種多様だ。
ジャズアルバムとして期待していた分、散漫な印象しか残らなかった。用意されたジャズの2曲が中々の好演なだけにで余計に惜しい。
因みに掲載盤は60年代初頭のセカンドプレスで59年のファーストプレスはジャケット裏の演奏風景を表紙に配したブルーのジャケットのようだ。因みに60年代後期のサードプレスまであるようだ。
しかし、内容が内容だけにファーストであろうとセカンドであろうと、もはやどちらでも良いという気になる。
それでもそれだけリリースされたのだから、需要があったのだろう。
ただ自分には、どの層の音楽ファンに向けられたものだったのだろうか、という疑問だけしか残らなかった。

スポンサーサイト
2016/04/28(木) 23:05:43 piano H-N トラックバック:0 コメント:0
<<Jimmy Namaro | ホーム | Terry Pollard>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/615-2b023038