FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Art Phillips/Yvan Landry

Art Phillips/Yvan Landry
Art Phillips/Yvan LandryArt Phillips/Yvan Landry

Art Phillips Band/Yvan Landry Septet
CBC TRANSCRIPTION/LM21,LM22/Canada/1967


Side1
Art Phillps(unknown) &Orchestra

Side2
Yvan Landry(vib) Gilles Laflamme(tp) Nick Ayoub(ts,fl)
Art Maiste(p) Don Habib(b) Roger Simard(dr)
Tony Romandini(g) Roy Berthiaume(vo)


Side1
Loch Lomond
Love Is Here To Stay
I Found A Million Dollor Aby

Side2
Mountain
Milestones
Offeo Negro
Bewitched
Sometimes I'm Happy

まだ取り上げたいアルバムがあるが、今回は取り敢えずここでカナダ盤に区切りをつけよう。
今回はカナダの女流ピアニストのトリオモノを紹介する予定だった。
しかし、過日久しぶりにレコード棚の大掛かりな整理をした際に、どこかに紛れてしまって行方不明になってしまった。
代わりに出てきたのがこのアルバム。
いつどこで入手したのか記憶の欠片も無かった為、自分のレコード棚から出てきたのにも関わらず、不意の出会いに思わず驚嘆してしまった。
前に取り上げたRon Johnsonと同様のCBC TRANSCRIPTION盤だ。
但しこちらはジャケットが元々無く、掲載しているのは通常のレコードで言うと内袋にあたる。
Side1とSide2ではメンバー、収録内容も異なっていて、さらにレコード番号も片面ずつ異なっている。
たまたまインサートが残っていたが、これがなければメンバーも収録年も何の情報も得られなかっただろう。
そのインサートにさえSide1のメンバーは不明となっている。
内容はビッグバンド物で所々挟まれるソロパートがなかなか良いが、収録時間、収録曲ともに少なく中途半端な感じは否めない。
そうなると聴き所はSide2だろう。
Yvan Landryのアルバムは過去に取り上げたが、その時と同じ頼もしいサイドメンDon HabibとRoger Simardの存在が嬉しい。
彼らの存在感とTony Romandiniのギターが程良くマッチした「Offeo Negro」(黒いオルフェ)と「Bewitched」が好演。
最後に用意されたボーカルナンバー「Sometimes I'm Happy」は全くの蛇足だ。

スポンサーサイト
2016/05/19(木) 17:30:00 others トラックバック:0 コメント:0
<<Judy Bailey | ホーム | Ron Johnson>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/618-f6e03481