FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Brazilian Jazz Quartet

Brazilian Jazz Quartet
Brazilian Jazz QuartetBrazilian Jazz Quartet

The Good Neighbors Jazz
COLMBIA/LPCB37037/Brazil/1958


Jose Ferreira Godinho Filho "Case"(as) Moacyr Peixoto(p)
Major Holley(b) Jimmy Campbell(dr)


Side1
Rough Ridin
Esay To Love
Out Of Nowhere
Major Blues

Side2
Yesterdays
Copacabana
Peixoto's Blues

Brazilian Jazz Quartetのアルバムとして紹介するが、アルバムタイトルが示すように正確には「Brazilian」Jazz Quartetではない。
かといって誰がリーダーともとれないうえに、Jose Ferreira Godinho Filho "Case"とMoacyr Peixotoの2人が参加し、先述の『Coffe And Jazz』とセットのように扱われる機会が多いことも踏まえて、本作もBrazilian Jazz Quartetのアルバムとして強引に扱うことにした。
こちらもやはりジャズボサやジャズサンバ以前の58年録音のハードバップ作になる。
そのGood Neighborとして華を添えているのがベースのMajor Hollyだろう。好き嫌いの別れるプレイスタイルともいえるだろうが Coleman Hawkins『ジェリコの戦い』で披露したハミングベースで虜になってから好きなベーシストの1人になっている。
この58年という時代を鑑みれば、本作と同水準或はそれ以上のアルバムがアメリカには多く存在ことは承知している。
他国盤と言うだけで、自分の中に贔屓目に捉えている部分は否めない。
そういう意味ではアメリカの名盤だけ聴いて入れば間違いないのだが、そこは心の余裕というか遊び心や愉しみといったものを持ちたいものだと思い続けている。
毎日一流シェフの作る高級料理だけ食べ続けるのも飽きがくるというものだろう。

スポンサーサイト
2017/10/15(日) 22:47:08 others トラックバック:0 コメント:2
<<Hector Costita | ホーム | Brazilian Jazz Quartet>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/11/15(水) 17:42:54 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re: Brazilian」Jazz Quartet

こんばんは。お久しぶりです。
返信が遅くなりすみません。相変わらず更新が滞っていますが、気長に続けていきますのでご了承ください。


2枚のうちcoffee and jazzの方が遥かに出現頻度が低いと実感しています。
またこの手の南米盤は金額以前にもの自体が少なく、あったとしても鑑賞に耐えるだけの状態のものが少ないのも難点です。
お金があれば入手しやすい名盤の類よりも、この手のアルバムの方が入手には苦労します。
地道に気長に待つしかありませんね。
  1. 2017/11/21(火) 22:40:28 |
  2. URL |
  3. 迦陵頻伽 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/682-c50da42d