FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Harold Ashby

Harold Ashby
Harold AshbyHarold Ashby

Tenor Stuff
COLMBIA/33SX1379/UK/1961


Harold Ashby,Paul Gonsalvez(ts) Sir Charles Thompson(p) Aaron Bell(b)
Jo Jones(dr)


Side1
You Came Along From Out Of Nowhere
Swallowing The Blues
London Broil
Midnight Sun

Side2
Squeeze Me
Blue Skies
Jeeps Blues
You Can Depend On Me

Harold Ashbyが同じエリントニアンのPaul Gonsalvesと競演した2枚目のアルバム。
こちらもAshbyのたっぷりとした逞しいテナーが堪能できる、音良し内容良しの名盤…と手放しで言いたいところだが人を選ぶ要素を含んでいる。
つまりGonsalvesを受け入れられるかが鍵となっている。
名は体を表すではないが、名はスタイルを表すと何時も思うのが、このGonsalvesとBenny Golsonだ。
只の日本語の音の響きからくる完全な偏見だと承知の上だが、ゴンザルヴェスとゴルソンという響きからは、か細いクールな音色は想像出来ない。
ゴリゴリとした、ともすれば下品にさえ思われるブロウを想起させるが、実際その通りだ。
それ故に2人とも好き嫌いが分かれるテナーマンだと言えるだろう。
互いの良さを弾き立たせていると感じるか、それとも阻害していると感じるかが評価の分かれ目。
因みにジャケットにエリントンがあしらわれた『Two From Duke』は本盤の再発にあたる。

スポンサーサイト
2018/03/11(日) 00:30:02 tenorsax トラックバック:0 コメント:2
<<Jimmy Jones | ホーム | Harold Ashby>>

コメント

今晩は、
先日、Ashbyの1978年録音の”Presenting”(Progressive)を入手したばかりで、迦陵頻伽さんの記事を発見。Ashbyの初めて見るアルバムですが、良い演奏なんでしょうね! 
  1. 2018/03/13(火) 22:06:57 |
  2. URL |
  3. tam.ra #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

tam.raさん、こんばんは。

それは奇遇でしたね!
本文中にもあるように『Tenor Stuff』はPaul Gonsalvesの許容度の個人差によって評価が変わりやすいと思いますので、『Born To Swing』を断然お勧めします。
但しオリジナルは未だに入手困難、高価だと思われます。
そこでUS盤をと思いましたが、他の方がコメントで指摘してくれたようにどうやら粗悪品のようです。
だから余計に質の良い再発を望みます。
BLUE NOTEの完全オリジナルの完全復刻も結構ですが、このアルバムの正規の再発がまず先でしょうと声を大にして言いたいですね。
  1. 2018/03/13(火) 22:28:58 |
  2. URL |
  3. 迦陵頻伽 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/696-f19b4243