FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Roelof Stalknecht

Roelof Stalknecht
Roelof Stalknecht
Roelof StalknechtRoelof Stalknecht

Gezellingheid Kent Geen Tijd
CNR/LP25018/Holland/1960


Roelof Stalknecht(p) Hank Wiid(b) Rex Cohen(dr)

Side1
Rosie, Rosie, Rosie
Ben melodie met een heel klein beetje rhytme
Zaning medeire
Ik ben verliefd op een kevkenmeid
't Was een zomeernachifeest
Snipverkovden
Hoisjek
Veel mooier dan het mooiste schilderi
Denk je neg aan die tijd
De zan gaat werr schijnen

Side2
No can do
Red roses for a blue Lady
Whilhelmina
Forever and ever
Laura
Rum and Coca-cola
Again
Candy
Again
Amor, Amor
Chattanooga choo, choo

2枚目の紹介となるRoelof Stalknechtの10inchアルバム。
前作『Fablous Fingers On 88 Keys』同時期の録音とあって、相変わらず軽快で自然と身体が揺れ動くようなノリの良い演奏が聴ける。
ユニークなのはジャケットで、時計の文字盤部分を開くとRoelofの顔が覗く仕掛けになっている。
こういうのはレコードならではの楽しみで昨今の配信音楽では味わえない粋な部分だ。
ただ、窓を開けたら美女が飛び出すならまだしも、Roelof自身という演出が嬉しいかどうかは微妙なところだ。

スポンサーサイト
2018/03/29(木) 00:30:47 piano O-U トラックバック:0 コメント:0
<<Roelof Stalknecht | ホーム | Roelof Stalknecht>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/701-110f0000