FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Pim Jacobs

Pim Jacobs
Pim JacobsPim Jacobs

The Jacobs Brothers In Jazz
FONTANA/680 503TL/Holland/1958


Side1-1,Side2-5
Pim Jacobs(p) Ruud Jacobs(b) Cees See(dr)

Side1-2,Side2-4
Pim Jacobs(p) Herman Scooderwalt(as) Ruud Jacobs(ts) Jan Fens(b)
Rudy Pronk(dr)

Side1-3, Side2-1
Pim Jacobs (p) Wim Overgauw (g) Ruud Jacobs (b)

Side1-4,Side2-2
Pim Jacobs(p) Teo Loevendie(as) Herman Scooderwalt(ts) Ado Broodboom(tp)
Tommy Green(tb) Toon van Vilet(brs) Ruud Jacobs(b) Cees See(dr)


Side1-5, Sde2-3
Pim Jacobs(p) Ruud Jacobs(b) Cees See(dr) Sem Nijveen,Maup Cohen
Lucien Gringnard,Piet Kelfkens(vln) Lo Broekhuizen(viola) Jules De Jong(cello)


Side1
Nice Work If You Can Get It
Salute To Sonny
Give Me The Simple Life
Four
It Could Happen To You

Side2
Stoned
You'd Be So Nice To Come Home To
Embraceable You
Two Brothers
Woodyn' You

Roelof Stalknechtに続いてこのPim Jacobsもオランダのピアニストとして外せない存在だ。
そのPim Jacobsの代表作にして、名盤、人気盤は80年代の『Come Fly With Me』が有名だが、ここで取り上げるのは趣旨に反するため、それよりも前の録音作品の紹介となる。
そして初期の代表作にあたるのが本作。
曲ごとに編成が異なるがトリオを中心にホーンの豪華面子も加わった、どれも聴き応えのある好企画盤。
これ以外に記録があるのかは不明だが、なかなか味のある弟Ruddの貴重なサックスプレイが聴けるのも嬉しい。

スポンサーサイト
2018/05/12(土) 02:26:44 piano H-N トラックバック:0 コメント:0
<<Pim Jacobs | ホーム | Roelof Stalknecht>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/707-93c209a6