FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Pim Jacobs

Pim Jacobs
Pim JacobsPim Jacobs

Schoolconcert
CBS/S52815/Holland/1970


Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(dr)
Wim Overgaauw(g)


Side1
How Could You Do A Thing Like That To Me

Inleiding

Pim Jacobs Speelt De Melodie Van "Summertime", Laat De Daarbij Passende Accoorden Horen, En Geeft Vervolgens Een Voorbeeld Hoe Deze Harmonieën Kunnen Klinken Wanneer Ze Door Een Jazzmusicus Behandeld Zijn. Op Dit Accoordenschema Speelt Hij Daarna Twee Geheel Verschillende Improvisaties

Pim Jacobs Introduceert Achtereenvolgens: Bassist Ruud Jacobs, Gitarist Wim Overgaauw En Drummer Wim Ypma; En Vertelt Daarbij Over Hun Instrumenten En De Rol Welke Deze In De Jazzmuziek Vervullen, Waarna Een Volledige Vertolking Volgt Van:

Summertime

Side2
Satin Doll
If I Were A Bell
Plus Four

手持ちで紹介できるPim Jacobsの初期のアルバムは後はこれしかない。
『The Jacobs Brothers In Jazz』 から10年以上後の録音でその間目ぼしいリーダー作が無く、その少なさ、意外性に今更ながら驚いた。
やはり、ヨーロッパ盤を紹介するにあたってEP盤を外すのはいささか点睛を欠く事を改めて思い知らされたが、EP蒐集を放棄した以上仕方のないことと割りきり臨むしかない。

これは学生に向けたレクチャーアルバムといった内容。
A面は「How Could You Do A Thing Like That To Me」で掴み、後は「Summertime」を俎上に載せ解説しながら、最後にそのSummertimeを実演してみせる。
side2はカルテットによる解説なしの実演。
従ってSide1は「How Could You Do A Thing Like That To Me」 と「Summertime」のみが演奏として成立している。
解説は当然オランダ語で私は全く理解出来ないのだが、実演を交えながら曲を構築していく様は聴き取れ意外に楽しめた。
言語を理解出来ないという同じ条件で言えば、少なくとも何枚か所有している詩とジャズの融合させたアルバムよりも楽しめた。
念のためSide1はの演目はライナーをそのまま転載しているので、翻訳できる方は参考にして下さい。
それでも純粋に楽しむなら、やはりSide2になるだろう。
明るく美しいタッチ、洗練されたメロディーラインに加え、明快なスウィング感は絶品。
旧知の仲のサイドメンも以心伝心のプレイが冴え渡る。
録音も素晴らしく、より演奏を引き立てる。
仮に全曲通常のカルテットアルバムならば『Come Fly With Me』と双璧に成り得たかもしれない。
異色のアルバムだがSide2の為だけにでも手に取る事を勧めたい。

スポンサーサイト
2018/05/13(日) 06:00:45 piano H-N トラックバック:0 コメント:0
<<Louis Van Dyke | ホーム | Pim Jacobs>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/708-e5fd92a8