FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Louis Van Dyke

Louis Van Dyke
Louis Van DykeLouis Van Dyke
Louis Van Dyke

We'll Stick Together
CBS/62738/Holland/1966


Louis Van Dyke(p) Jacques Schols(b) John Engels(dr)

Side1
What Now, My Love
Karen
Love For Sale
Tremolo For Three

Side2
Blinkers By Candlelight
We'll Stick Together
Yours Is My Heart Alone
Bo Bo

所有しているLouis Van Dykeのアルバムの中では個人的に最も好きで評価しているアルバム。
理由は単純で最も「ジャズらしい」から。
もちろんVan Dykeファンは別の評価を下すのかもしれない。
他のアルバムをもっと聴いてから判断するべき、一部であって全てではない、或は本質は別にある、など。
それらは当然尊重する意見ではあるが、私的評価はこの先も特に変わる事はないだろう。ただの好みの問題でこればかりは致し方のない事だ。
この手の純粋トリオから歌伴、ポップスやクラシックのジャズアレンジまで幅広く柔軟にこなす才能がある分、どのアルバムを評価するか、どこにVan Dykeらしさを求めるか分かれるところだろう。

掲載した一番下のあっかんべージャケは(…と長らく勝手に名付けてたが改めて見ると舌なんて全く出てない。ただの思い込みだった)後発盤になる。

スポンサーサイト
2018/05/30(水) 02:13:30 piano V-Z トラックバック:0 コメント:0
<<Louis Van Dyke | ホーム | Louis Van Dyke>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/714-87c978a3