FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

Harry Evans

Harry Evans
Harry EvansHarry Evans
Harry EvansHarry Evans

Someday We'll Be Together Again
No Label/LP101/USA/1969


Harry Evans(p) Bob Burch(b) Mike Bankston(dr)

Side1
Our Day Will Come
Willow Weep For Me
Soon It's Gonna Rain

Side2
But Not For Me
All The Things You Are
I Hear Music
Where Is Love

Side3
Meditation
Watch What Happens
On A Clear Day

Side4
What Kind Of Fool Am I
Quiet Nights Of Quiet Stars
A Foggy Day
By The Time I Get To Phoenix

Lee Evansに続き更にもう一人のEvansがBillの実兄Harry Evansだ。
1927年に生まれ、79年に謎の拳銃自殺により52年の生涯を閉じている。
Billは数か月後その兄を偲び、また自身の生の最後の燃焼を記録した『We Will Meet Again』を発表。
そのBillもまた翌年51年の生涯を閉じた。
そして、本作は69年にルイジアナ州にあるCamelot Clubに於ける演奏を、Harryの息子Mattが父を偲び87年にリリースした2枚組のアルバム。
音楽教師として活躍した兄とジャズ界に名を馳せた弟。スタイルと進む道は違ったが互いの音楽を刺激し合った仲だった。
だからどちらの音楽が優れているかなどど批評するのは無粋だ。
最後は数奇な運命を辿った兄弟の仲睦まじい在りし日のポートレイトが胸を熱くさせる。

スポンサーサイト
2018/06/12(火) 06:00:00 piano A-G トラックバック:0 コメント:0
<<Bobby Stevenson | ホーム | Lee Evans>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/720-7e2dd630