FC2ブログ

A Place In The Sun ~マイナージャズレコードの世界~

1950-60年代を中心に、名盤の陰に埋もれてしまった不遇のレコードを「陽のあたる場所」へ。

The Trio

The Trio
The TrioThe Trio

The Trio
RIVERSIDE/RLP380/USA/1961


Walter Norris(p) Billy Bean(b) Hal Gaylor(g)

Side1
Groove Yard
Smoke Gets In Your Eyes
The End Of A Love Affair
Scramble

Side2
Out Front
Che-Low
For Heaven's Sake
D. & D.

今日は梅雨の合間に訪れた、久しぶりの爽やかな朝を迎えた。
そんな穏やかでゆったりとした時間が流れている時に取り出すのに相応しいのが、このアルバムだ。
明確なリーダーは無くWalter NorrisとBilly Bean、 Hal Gaylorの3人で室内楽的なアプローチを試みて結成されたドラムレスの「The Trio」だが短命だったようだ。
それもむべなるかなと言うもので、ハードバップが成熟し、モードへ移行していくのと同時期に作成されたこのアルバムが、当時どの程度の需要があったのかを想像するのは難くない。
軽やかで華麗だが決して甘いわけではない、そんな絶妙な塩梅の演奏を一種の清涼剤の役目として、当時のリバーサイドは投入したのではと勝手に想像している。
昨今のブルーノートを始めとする名盤類の廃盤市場に於ける高騰ぶりに驚愕する一方で、ここで取り上げてきたようなアルバムはますます耳目に触れる機会が減っていくのだろう。
当然このアルバムもその潮流に呑まれているに違いないと思っていたが、検索すると以外と高評価のレビューをいくつも見かけることが出来た。
看過することなく密かに愛聴してくれている人が居てくれて、嬉しく思えた。

スポンサーサイト
2018/06/17(日) 22:26:41 others トラックバック:0 コメント:0
<<Wilton Gaynair | ホーム | Bobby Stevenson>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://karyoubinka.blog.fc2.com/tb.php/723-fa7a4107